スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本格復旧おめでとうございます、台湾の善意には多謝

津波に浸かった南三陸町の公立病院、台湾の義援金22億円で復活
The Huffington Post 2015年12月15日

東日本大震災の津波で被災した宮城県南三陸町の公立病院が高台の土地に再建されて、12月14日に開業した。NHKニュースによると、津波で壊滅した宮城、岩手両県の6つの公立病院のうち、本格復旧したのは初めて

震災当時は「志津川病院」という南三陸町で唯一の総合病院だった。しかし、震災の津波で5階建ての建物の4階まで水に浸かり、患者と看護師合わせて74人が犠牲になった。震災後、病院の建物は解体。仮設の診療所などで診療を続けてきたが、11月に町の高台に新しい病院「南三陸病院・総合ケアセンター南三陸」が完成した。

朝日新聞デジタルによると、新病院は延鉄筋コンクリート3階建てで、介護サービスなどを行う総合ケアセンターも併設されているという。


■建設費の約4割が台湾の義援金

この新病院の建設費用を支えたのは台湾から寄せられた義援金だった。台湾の通信社「中央通訊」によると、建設費約56億円のうち、約4割に当たる22億2000万円を中華民国紅十字会総会(台湾赤十字)が支出した。台湾赤十字が東日本大震災からの復興を支援した建築物の中で最多の支出額だったという。

台湾赤十字の王清峰会長は11月25日に開かれた新病院の落成式で、「日台の友好関係が末永く続くことの象徴」と語ったという。 同病院の敷地内には「台湾の皆さんありがとう」の言葉とともに、「中華民国」の国旗、南三陸町の町旗、「絆」の文字が刻まれた記念碑も設置された。

※リンク先 写真あり

記事の通りで加筆することはありません。本当に時間も費用も掛かり、その間、仮設での診療等、ご苦労も多かったことと思います。また、壊滅した6病院のうち本格復旧は当病院が初めてと、簡単に言い表せない・わかったようなことを書いてはいけないと、いつもながら感じています。

2012年3月、一年後に訪れた時に施設の内陸側に漁船が乗っているところを見ました。南三陸町で外壁だけでも残っていたというと総合庁舎と、ここ志津川病院、鉄骨が残る防災庁舎、くらいしかなかったように記憶しています。当時は生々しくて現地の人に申し訳ないとUPを控えていましたが、公立の総合病院という重要施設が6か所中ようやっと1か所の本格復旧ということであれば、我々は今しばらく被災地の事を知ろうとしなければいけないと思いました。

南三陸01 志津川病院 北側 防災庁舎より

南三陸02 上掲の右端、内陸側です 2012年3月

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

素頓亭

Author:素頓亭
スットン亭です。
旅を仕事にしたい今日この頃。

最新コメント
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブログランキング
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。